歯の矯正手術について

歯並びが悪いと、見た目の印象が変わってきます。
さらに噛み合わせが悪く食べ物が食べにくくなったり、歯磨きがしにくいために虫歯になりやすかったりと様々なトラブルがあります。

歯並びは、全部の歯が生え揃った時点で決まってしまい、歯並びを変えるには矯正手術が必要となってきます。
矯正手術は、歯をすごく弱い力で根っこから移動させることにより、歯並びを整えていく手術になります。
矯正手術をすると歯にワイヤーをはめこみ、それは矯正が完全に終わるまでつけておく必要があります。
1、2ヶ月で終わるものであれば我慢できる人が多いでしょうが、矯正手術が完全に終わるまでには2年程かかります。
歯並びの状態や根っこの状態によると、もっと長い期間かかることが多いため、見た目を気にしてやめてしまう人もいるでしょう。

しかし、最近ではセラミックを使用してワイヤーを目立ちにくくしたり、裏側に装着することによって見えないようにする方法があります。
普通に矯正手術をしても、かなりの金額がかかってしまいます。
このような目立ちにくい物を選ぶと、倍近くの金額になることもあります。

歯並びが悪いままずっと過ごしていくか、数年間我慢をして矯正に専念するかは人それぞれです。
矯正が終わった後のことを考えると、綺麗な歯並びになることは魅力的ですよね。
しかし先程述べたように、矯正手術にはかなりの費用がかかるため、簡単にできるものではありません。

歯についての費用は、歯医者によって様々です。
矯正手術をする時には、いくつかの歯医者に相談しながらいくと良いでしょう。
歯は年齢と共に根っこがしっかりと定着していくこともあるため、あまり先延ばしにすると日にちがかかってしまいます。
将来的に矯正手術を考えている人は、一度歯の状態を見てもらい、矯正手術をする時期を相談することをお勧めします。

歯並びは、生え揃った時点で決まると言いました。
それはそれ以上に、生えたり抜けたりしない時のことをいいます。
親不知が生えることによって横から押し出されたり、虫歯や事故による抜歯によって歯並びが変わってくることがあります。
せっかく矯正手術によって、綺麗になった歯並びがずれてしまうこともあります。
矯正手術をした後に歯に変化があった時は、早めに処置をしましょう。