歯磨き大切さを子供に教えよう

歯の大切さは、大人になると理解できます。
しかし虫歯の知らない子供にとって、歯磨きは面倒くさいものでしかありません。
フルーツの味の美味しい歯磨き粉をつける等すれば、歯磨きは楽しくなってきます。
かといって、いつまでもそのような歯磨き粉を使うわけにはいきません。

まだ理解のしにくい年齢の子供に、歯磨きの大切さを伝えるのはなかなか難しいのです。
最初の頃は食べたら歯磨きをするという、習慣を身につけさせてあげるだけで良いでしょう。
幼稚園等に入園する年齢になってくると、なぜ磨かないといけないのかを理解してくるようになります。
その時に、しっかりと歯磨きの大切さを伝えてあげましょう。

子供は、難しいことを述べてもなかなか理解しにくいものです。
歯磨きをしないと虫歯になり、虫歯はすごく痛いものだという知識だけでも充分です。
しかし、実際に痛みを経験しないと、自ら歯磨きをしようという気持ちになるのは難しいです。
どの程度の知識を与えてあげるべきか、難しい所でもあります。

一度歯医者に通う機会のあった子供は、歯医者を嫌がることで虫歯にならないように歯磨きをきちんとすることがあります。
実際に歯医者を嫌がると、歯医者でフッ素を塗ったり歯を磨いてもらう時にも行きにくくなります。
歯医者は怖いものだ、と教えるのはやめた方が良いですね。
歯磨きを怠ると、虫歯だけではなく子供でも歯肉炎や歯周病になってしまうことがあります。
歯が痛くなるだけではなく、歯が抜けてしまって美味しい物が食べれなくなると教えてあげるのも一つの手ですね。

大人でも虫歯になると耐えれない程の痛みを伴い、治療中はかなりの激痛との闘いになります。
子供にとったら我慢のできない痛みになる上に、麻酔をすることも負担のかかることなので、歯磨きの大切さをしっかりと伝えてあげましょう。
音楽にあわせて歯磨きをする等して、歯磨きは辛いものではなく、楽しいものだと思えるように工夫しましょう。
そうすると子供も自ら歯磨きをするようなってくるので、子供にとっての楽しい歯磨き方法を見つけてあげれると良いですね。