部分矯正とは

全体的な歯の矯正をしている人はよく見かけ、よく耳にしますが、部分矯正はまだまだ知名度が低いものです。
矯正というと、歯全体を整えていくことで歯並びをよくすることです。
それに対して部分矯正は、気になる歯のみを整えることです。
部分矯正は、ひどくずれている八重歯等には適応しないことがあり、基本的には少し傾いている等の小さなズレに向いています。
小さなズレぐらいなら気にならないから、と放置しておく人が多いため、あまり知られていないのもあるでしょう。

部分矯正は6ヶ月程で終わるため、全体矯正よりも早く費用も安く済みます。
そして奥歯よりも前歯の方が早く終わるので、前歯の隙っ歯等で悩んでいる人にはお勧めです。
矯正方法は全体矯正とあまり変わりがなく、矯正する歯に部分的にワイヤーを装着します。
全体矯正に比べて、違和感が少なく痛みも軽減されるといったメリットがあります。

ワイヤーの種類には、裏側からつけるものもあります。
特に上の歯には裏側からつけると、口を開けてもわかりにくくなっています。
矯正しているのを誰にも気づかれずに、綺麗な歯並びが手に入ります。

部分的な歯並びの悪さぐらいで、矯正をするのは勿体無いと考えている人がいれば、それはすごく勿体無いです。
口を閉じていれば歯並びは全くわかりませんが、24時間毎日口を開かないわけにはいきません。
歯並びによって顔の印象も変わってくるので、少し歯並びの気になる部分があれば、綺麗に整えてあげると良いでしょう。

見た目だけではなく、歯並びが綺麗になることで噛み合わせも変わってきます。
物が噛みやすくなったり歯の掃除がしやすくなり、虫歯や歯周病予防にもなります。
費用や期間を考えて全体矯正諦めたという人は、一度部分矯正を考えてみることをお勧めします。

自分の納得のいく歯並びになると、自然と笑顔も素敵になってくるものです。
歯並びで悩んでいる人は、諦めずにできる範囲で歯を整えてあげましょう。
そして、歯の状態をしっかりと診てもらった上で、部分矯正のメリットとデメリットを聞いておきましょう。