正しい歯磨きの仕方

正しい歯磨きの方法は、わかっていても面倒くさくなってしまったり、時間に追われてつい適当になってしまうことがあります。
その内にいつもの磨き方が習慣となり、正しく磨けていないという結果に繋がることもあります。
歯の痛みは、痛んでから後悔するぐらいにすごく辛いものです。
一度虫歯になると何度も歯医者に通う必要があるため、毎日正しい歯磨きをすることが大切です。

歯全体的に歯ブラシが行き渡れば良いという考えで、荒っぽく磨いてしまう人が多いです。
そうではなく、電動歯ブラシの動きを想像しながら歯ブラシは必ず小刻みにし、1本1本丁寧に磨きあげましょう。
強く磨けば良いというわけではないので、優しく丁寧にを心がけるようにしましょう。
そして上下の動きや横の動きに加え、歯ブラシを回すように磨いたりと、いろんな磨き方をすることで、汚れがとれやすくなります。

歯の表面は磨きやすく、歯ブラシが行き届きやすいので、きちんと磨けているようにみえるのが落とし穴です。
特に、自分からは見えない上の歯の裏側や奥歯は磨き残しが多いため、しっかりと磨くようにしましょう。
毎日同じような磨き方をしていると、同じ場所だけが綺麗になり、死角となった部分に汚れがたまり虫歯の原因となります。
上記に述べた磨き方をした後に、少し工夫をした磨き方を加えてみるのも良いですね。

大きめの歯ブラシは、奥歯に届きにくく磨き残しができやすいため、毛の部分が小さめの歯ブラシをお勧めします。
歯ブラシだけではどうしても取れない汚れがあるため、歯間ブラシ等を使用すると良いでしょう。
もちろん基本的な正しい磨き方をしていると予防にはなります。
しかし歯は人によって生え方が違うため、この磨き方をしていれば絶対に虫歯にならないという磨き方はありません。
一度、歯医者に行って自分の歯にあった磨き方を聞いてみるのも良いですね。

忙しい朝でも、できる限り歯磨きの時間を作りましょう。
そして正しい歯磨きをして、虫歯や歯周病に悩むことのない歯にしましょう。