小学生からの歯のケア

小学生になると、自分でしっかりと歯磨きができるようになってきます。
親に磨かれることを嫌がったりする時期になり、仕上げ磨きをする子供は少なくなります。
しかし、小学生の歯が一番大事といっても良いぐらい、大切な時期だということを理解しておきましょう。

歯は、小学生に入った頃から乳歯が永久歯に生えかわり、卒業する頃にはほぼ永久歯になっているという状態です。
つまり、小学生は歯の生えかわりの時期なので、歯磨きをするのが難しい時期でもあります。
今まで生えていた歯が抜けることによって磨きにくくなったりします。
また永久歯が中途半端に生えているため、磨き残しが増えたりしてしまいます。

歯は年月と共にしっかりと根付き、立派な歯になってきます。
しかし生えてすぐはまだまだ不安定な状態で、虫歯になる確率も増えている状態です。
生えかわりの時期が一番ケアの必要な時期となるため、しっかりと仕上げ磨きをしてあげるようにしましょう。

高学年ぐらいになると、仕上げ磨きを嫌がるようになる子供が多いです。
どうしても仕上げ磨きを嫌がるようならば、定期的に歯のチェックをしてあげるようにしましょう。
小学生にもなると歯医者に行くように、言い聞かせることはできます。
素人ではわからない歯のチェックを、プロの歯科医にしてもらうことをお勧めします。
小学生は虫歯発生率が高くなる時なので、歯の大切さを親子共に理解しておく必要があります。

最近では小学生の歯肉炎が増えてきています。
朝昼晩の食後はもちろん、おやつ等の糖分を摂取した後は必ず歯磨きをする習慣を身につけましょう。
寝る前にジュースぐらいなら大丈夫かと歯磨きをせずに寝ると、睡眠中に虫歯菌が暴れ出し、気がつくと虫歯になっています。
寝る前に食べ物や飲み物を口にしてしまった時は、もう一度歯磨きをしてから寝るということも習慣づけてあげましょう。

小学生はしっかりとしてきたようで、まだまだしっかりと磨ける年齢ではありません。
虫歯になると辛いのは子供なので、できれば仕上げ磨きを小学校卒業までしてあげることが一番ですね。