赤ちゃんの頃からできる歯のケア

産まれた時は歯が一本も生えていなくて、笑うと無邪気ですごくかわいらしいですよね。
歯の生える時期には人それぞれですが、平均的に6ヶ月ぐらいになると前歯から順番に乳歯が生えはじめます。
歯が生えると、笑った時に今までの赤ちゃんぽさが少し抜けた感じがしたり、新たな成長を感じられます。
しかし、歯が生えるということは、きちんとケアをしてあげないと当然虫歯になってしまいます。

赤ちゃんの頃は、基本的に母乳やミルクや離乳食が主体となっています。
大人に比べて虫歯になる率は少ないですが、放置しておくと歯に汚れが染み付いてしまい、虫歯になる確率はあります。
1、2本しか生えていない歯を歯磨き粉をつけて、歯ブラシで丁寧に磨いてあげる必要はありません。
ヨダレの出てる赤ちゃんは、ヨダレによって汚れも少し排出されます。
虫歯の原因になるような食べ物をほとんど口にしていないので、軽くガーゼで拭いてあげるだけで良いのです。

ガーゼを口元に持っていってあげると、遊びがてら噛んでしまう赤ちゃんがいますが、それだけでも歯の汚れをとる方法になります。
赤ちゃんがある程度遊んで飽きた頃に、大人が仕上げとしてガーゼで拭いてあげましょう。
強く拭きすぎたり歯ブラシを使うと、歯茎を傷める原因になって逆効果になることがあります。
あまり神経質にならず、毎食後か寝る前だけでもケアしてあげると良いでしょう。

しかし歯の数が増えて、離乳食が進み味の濃い物やお菓子を食べるようになってきた時は、少し丁寧に拭き取ってあげるようにしましょう。
虫歯は、虫歯菌によってできてくるものです。
なので虫歯のある大人が使ったお箸やスプーンを赤ちゃんが加えてしまうと、虫歯になる確率が増えてしまいます。
できれば産まれた時からお箸を別にしたり、大人の食べた物を食べさせないようにすることが大切です。

しかし毎日子育てをしていると、なかなか難しいものです。
赤ちゃんの頃はまだ何もわからないため、歯を触られることは嫌がられません。
歯が生え始めたら大人が気をつけて、ケアをしてあげることを徹底しましょう。