入れ歯で困ったらインプラント治療

歯がないとものも食べずらくなるのはもちろんですが、言葉もうまく話せなくなりますし
力のふんばりが効かなくなったりと、口内以外にも実は困ることが多く、
歯を失ってから「歯って大事だなぁ」と実感される人も多いと言います。

歯が抜け落ちてなくなってしまうと、入れ歯や差し歯を考えるのが一般的でしょう。
しかし、入れ歯にしても悩みは解消せず、新たな悩みを抱える人も多いのです。
とくに入れ歯が合わない、入れ歯が歯茎や口内にあたって痛みを感じる
よく噛もうと思えば思うほど外れてしまって物が噛めないなどなど

入れ歯は生きるためには必要不可欠。
このような悩みを解消すべく、より快適に毎日を送るためにも
入れ歯で困ったなぁと感じている人にはインプラント治療をオススメします。

インプラント治療というのは、手術によって歯茎にあるあごの骨に人工歯根を植えるという技術になります。
そのため、1本や2本歯を失った方に・・・とイメージされるかと思いますが
歯がほとんどない方、総入れ歯の方でもインプラント治療は可能なのです。

しかしインプラント治療は入れ歯と比べたら保険が効かず高額になってしまう
また、失った歯すべて人工歯根を植えるとなるととても体にも負担がかかるのですが

実はインプラントと入れ歯の両方を生かす治療があるのです。

入れ歯をインプラントで固定する技術です。
歯がすべてない方でも、個人差はありますが、2~4本インプラントを入れるだけでも
入れ歯が浮かない、しっかりと固定されて物が食べやすくなるのです。

入れ歯とインプラントはもちろん取り外しができ、
通常の入れ歯と同じように日々のメンテナンスは行えます。
結合部分は磁石式であったりホック式であったり様々です。

インプラントといっても、結局入れ歯をかぶせるだけだから、
食べてる感覚はあまり変わらないんじゃないの?と思われるかもしれませんが
インプラントは骨で固定するため、自分で物をしっかり噛めているという感覚になります。
お刺身もおせんべいもおいしくたべれるようになったという声が多いです。