主なインプラント治療システム

インプラントの治療は様々な治療システムによって、患者や技術者をささえています。

インプラントということで入れ歯や差し歯の治療の比べるとどうしても不安や心配ごとが
患者側には出てくると思います。
そのため、インプラントとはどういった治療なのか、どのように行っていくのか
わかりやすくシュミレーションしていくことでそういった精神的負担を軽減するシステムは
様々なクリニックで使用されています。

例えば、パソコンを使用して3D映像で立体的に施術の様子などを伝えたり
インプラントのビフォーアフターを見せて説明してあげることで、なかなか想像できないインプラントの
理解を高めます。
また医師側、患者側の考えの違いもこの時点で修正、相談できるようになります。

インプラント=ドリルで穴を開ける・・・という技術だと思ってる人はとても多いですよね。
歯医者というだけでとても怖いイメージなのに、穴を開けるなんて普通はもっと怖いと思うもの。
しかし、その考えだけでインプラントを受けない人も多いのも事実。
そういったイメージによる誤解をとくためにも、インプラントの治療を説明するシステムは
しっかりと誰でもわかりやすく安心できるものでなければいけません。
術前の最新鋭CTスキャンでのチェックはインプラント治療には必須でしょう。

また、術後の感染症も気になるところです。

通常の歯科医のイメージではなく、やはり手術になりますから
衛生面のシステムも注目したいところ。
空気中のバクテリアを抑えたり、殺菌作用の強い空気清浄機を利用してクリーンな環境をつくっています。
また万が一のことも考え、AEDシステムを常備しているクリニックもあります。

病院ごとにインプラント治療のシステムは変わってきますが、
植えたインプラントの術後のケアにもさまざまなシステムがあります。

術後しっかり骨と結合しているのかをチェックできるオステルメンターといったマシンで視覚化が可能になったり
歯周病予防を促し、インプラントのメンテナンスにも力を入れています。