インプラント治療の成功率は

インプラント治療は、永久歯を何らかの理由で失ってしまった場合に施す治療法の1つで、骨に直接人工の歯を埋め込む手術です。
金属と骨を結合させて顎にしっかりと固定するので、周りの正常な歯に影響を及ぼすこともなく違和感もありません。
埋め込む金属は、純チタン・チタン合金で出来たものが主流になっており、
先がネジの形やシリンダーの形、または歯の根っこのように尖ったものなどがあります。
このように、骨に金属を埋め込む手術となると、不安に思う人も多いかもしれません。
まれに感染症などを起こすことがあるという報告もあり、成功率も気になるところです。
実際、インプラントの成功率はどのくらいなのでしょうか?
こちらのインプラントの成功率についての詳しい解説ページも、是非ご覧ください。

実はこのインプラントの成功率は、世界的に見ても高いとされています。
状態の良い患者に限定すれば95%以上の成功率と言えるのではないでしょうか。
もちろん手術ですから、患者の状態や骨の量、医師の技術、または治療後のメンテナンスによっても成功率は変わってきます。
また、喫煙する人もそうでない人に比べると約10%成功率が低くなるとも言われています。
これはタバコに含まれるニコチンが毛細血管を収縮させてしまうので、血流が悪くなり歯周病を引き起こす可能性が高くなるためです。
そのため、インプラントを行うには禁煙・減煙をする必要があります。

そういったことを除けば、インプラントの成功率はかなり高いのであまり失敗を恐る必要はないのではないでしょうか。
万が一失敗したとしても半年程度で骨が回復しますので、再度インプラントすることも可能です。
また病院によっては保障がしっかりついている所もありますので、治療前に保障があるかどうかをチェックしておきましょう。
5年以内なら無料で保障がついている場合や10年以内なら半額など、それだけ長期的に役立つ治療法なので、
自分で出来るメンテナンスや定期検診も忘れずに、出来るだけ長く付き合っていけたらいいですね。

インプラント治療は、長い目で見ても安定性のあるもので、
長いものでは40年以上もインプラントを使用し続けることが出来るケースも存在します。
少なくとも10年以上使用出来るケースも80%以上というデータもありますので、決して低くない成功率といえるのではないでしょうか。