インプラント治療で起こるデメリット

インプラントは、それまでの自然の歯を失った場合の治療法として、とてもメリットがあります。
自然の歯に近い状態であることや、審美的な面、半永久的に自分の歯として使えることなどが挙げられます。
一方で、インプラントに多くの利点があるように、条件やリスクなどがあります。
それはインプラントを希望するケースにより、デメリットになる場合も多くあります。

まず、インプラントは、顎の骨の様子を見て、インプラントの手術が行えるかどうかの検査をします。
場合によっては移植の手術を行った上でのインプラントの手術をすることもありますし、インプラントの手術が行えないこともあります。
またインプラントの治療には、かなり長い期間が必要とされます。
インプラントの手術は日帰りで行えますが、インプラントが顎の骨と結合するまでの期間が必要となり、だいたい3ヶ月から6ヶ月は掛かります。
その後更に連結部分の装着、上部構造である人工の歯を入れます。
なので、1年くらいを視野に入れておきましょう。

ただ、その期間に人前へ出なければならないなど、生活面での心配があるかと思います。
その点は病院の方で仮の歯を入れるなどしてくれますので、事前に相談をするとよいです。

インプラントは、自由診療となり、多くの病院では保険がききません。
保険でインプラントの治療を行うには、幾つかの条件を満たす必要があり、保険が適用される病院を選ばなければなりません。
そのため、インプラントの治療には、10万円から50万円くらいの費用が一般的に掛かります。
他に、インプラントを行った後に、周囲の歯が健康な状態でなくなると、インプラントを行った歯に過剰な負担が掛かってしまいます。
よって、インプラントの脱落につながる可能性があります。

また、日頃のケアをきちんと行わない場合、インプラントの周囲の歯が不衛生になり、歯肉炎を起こす可能性もあります。
インプラントを行う前には、自身のニーズや、どのような外観になるかといった点の確認を行いましょう。
こちらのインプラント治療を受けるための正しい知識も参考になります。
インプラントを行った後の定期検診などに通えるか、といった点などを考えておくとよいでしょう。