インプラント治療を行うメリット

インプラントとは、おおまかに捉えると、それまで使っていた自然の歯が使えなくなった際に、入れ歯や差し歯といった選択のうちの一つになります。
入れ歯や差し歯に向き不向きがあるように、インプラントにも、体質やニーズにより、向いている場合とそうでない場合があります。

インプラントのメリットは、その構造にあります。
インプラントは、顎の骨にフィクスチャーという歯の根の部分になるものを埋め込ます。
インプラントの治療においては、この手術が第一段階となります。
その後、顎の骨との結合期間が3ヶ月から6ヶ月あり、フィクスチャーの上にアバットメントという連結部分を装着し、その上に人工の歯を装着する構造になっています。

インプラントは顎の骨が弱まることがなく、それまでの歯にとても近い状態が保てます。
ですから、顎の形が、顎の力の弱まり、骨の衰えで変化し、外観も変わってくるということはありません。
また、噛む力が弱まることもないので、硬いものもしっかり噛めますし、食事での影響もありません。
インプラントは、治療により、周囲の歯を傷つけることがありませんし、もちろんケアは必要ですが、虫歯になるリスクが低いです。
「入れ歯」や「差し歯」に抵抗を感じる方などもいますが、そうした方の心理面においても、インプラントは負担がないと感じられるケースが多いです。

これは、「入れ歯」であることや、「差し歯」であることへ抵抗を感じる、という以外にも、インプラントの場合には、外観がとても自然の歯に近いというメリットがあります。
また、インプラントの大きなメリットは、使用期間がとても長いということです。
治療には時間が掛かりますが、その後、きちんとケアを行うことにより、半永久的に自然に近い状態の歯として、使っていけます。

インプラントは、審美の点、顎の健康面、食事の面、心理的な面、将来的な面などにおいて、たくさんのメリットがあります。
インプラントには、このように多くのメリットがありますが、入れ歯や差し歯においてもメリットはあり、それぞれの希望などに応じて選択していくことが大切です。